2012年09月27日

才能

前回の記事、レーピンの続き…といえば続きです。

私とレーピンは同じ人間、同じ時間を与えられて1日24時間1年365日で

人生を過ごしているわけですが、何故こうも密度が違うのでしょう。

沢山の作品を遺した偉大な芸術家たちは、その人生全てをかけて

情熱的に作品を創りだしているわけです。

紆余曲折しながら、戦争や時代の流れに乗りつつ、自分の人生の役目を

果たしている…そんな気がします。

私は輪廻転生を信じるので、前世から引き継がれたやり残したことを

全うするために今生でまた生きていくのだと思っています。

前世でかなりいいレベルにいたとすれば、今生でのスタート地点は

有利なわけですが、今生でそれを完成(何処が完成かはまた別の話し…)

させるには、やはりでも才能だけではなく、本人の努力が不可欠だと

思うのです。

才能があっても昼寝ばかりしていては、花は開きませんからね。

レーピンの作品を観ていて思ったのはそんなことでした。

本人の頑張りと情熱がとても伝わってきた今回の展覧会だったので。

もしかしてお彼岸だったから本人も会場にいたのかな?

なんてね〜


日々コツコツと積み重ねて行くことが肝要なのでしょうね。

少しずつガンバロウっと♪






posted by Miho at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。