2010年03月20日

暖房機の不思議

昨日に続いて不思議シリーズです。

イタリアの暖房機といえば、各家・各部屋据付けの温水循環型です。
これはドイツやフランスへ行った時もそうだったので、ヨーロッパでは標準なの
かもしれません。
またはマンション型の場合はセントラルヒーティングもあるようです。

しかし…イタリアの場合(他国は知りません)、これが窓際に設置されていること
が多く、それが窓の下であったりするわけですが、

確かに窓下のデッドスペース利用にはいい考えですぴかぴか(新しい)

しかし…暖房は部屋に向けて温度を発しているものの、外側にも発している気が
してならないわけです(外側に発している=熱を逃している)。

なぜ内壁同士の仕切り壁に設置しなかったのかむかっ(怒り)

部屋の設計上内壁に設置してある場合もあります。

しかし…メインは窓下です…。




ううむ。






ささっ、気を取り直して長所を上げてみましょうわーい(嬉しい顔)


洗濯物をそこに干しておくとかなりの高温のため、速く乾きます。
寒い時期やこの花粉の季節にはかなり嬉しいことですね♪

濡れたままになりやすいキッチン周りのリネン系の乾燥にはもってこいです。
はたまた寒い時期のピザやパンの発酵や、室温で使うバターを溶かすのにもぴかぴか(新しい)

これを背にして座れば暖がとれますし。

意外と長所が沢山ありましたね目






140309.jpg
もう春♪







やっぱり暖房は石油ストーブよね!というあなたも1クリック♪
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





posted by Miho at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

キッチンの不思議

先日、キッチンで食器を洗ったあと用事をしていたら、扉に鼻をぶつけて軽く
出血して涙していた私ですもうやだ〜(悲しい顔)
それ程痛かったわけでなく、目の近くだったので自動的に涙が出てきてしまった
という結果ですが。

しかし…下を見て何かに夢中になって用事をしていると、開けていた扉のことを
忘れて顔面激打…なんてことがしょっちゅうなイタリアのシステムキッチンって…?

大体の家のキッチンがそうなのですが、シンクで洗った食器をそのまま真上に
置いて乾燥、そのまま食器棚としても兼用できるように、シンクの上には食器置き場
があります。

それはいいとしても、そこに両開きの扉がついていることに問題が
あるのです。

…なぜ引き違い戸にしなかったのかむかっ(怒り)

あの食器棚は確かに便利です。
食器を拭いて片付ける手間がないわけですから。

しかし…ぶつけます。

扉を開けっ放しにするな?


そうなのですけれど…!

そう言われるとおしまいなのですけれど…!



気を付けましょう。









今月号にはシリコンのスパチュラとブラシの付録が♪
私も早速注文しました。






私もぶつけた〜というあなたも1クリック♪
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




posted by Miho at 07:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

ラジオ

私はラジオ派です。
実際今の家にはテレビがありませんし…。

日本ではJ-WAVEを開局当時から愛聴していました。
ラジオ出演も2回程…!(リスナーとしてです!)
懐かしいです。

こちらでももちろんほぼ毎日ラジオを聴きます。
FMです。
仕事中が殆どですが。

しかし…イタリアのラジオはヘビーローテーション率が高すぎです。
その曲が売れているのは事実かもしれませんが、繰り返し過ぎ!ですパンチ
ラジオ局の手抜きなのか何なのか。
まぁ救いは選ぶチャンネルが沢山あるということですが、ちょくちょく変えて
いてもそれは同じことでありまして…。
結局全体的に同じ曲の繰り返し、、、

その結果どうなるかというと、、、
始めは嫌いだと思っていた歌も、何回となく聞くうちに…耳慣れてきて…
好きにはなりませんが、口ずさむくらいになってしまうものなのです。
先日はまさにその現象があって、自分でもびっくりどんっ(衝撃)しました。
慣れとは恐ろしいものですね。

こんな調子のイタリアですから、もちろんテレビも同じようなことが言えます。
何と言っても出演者が同じ!!
司会者はマンネリ(イタリアでは人気がある方々のようですが)、ゲストも
同じ…チャンネルは少ない…。
私は正直言ってイタリアでテレビを見る価値を見いだせません。
以前本当に何も見るものがなくて自転車レースをつけていたら、同居人の
イタリア人女性に何でそんなの見ているの?と笑って言われましたっけ。
(だって他にないんだもん)
自転車レースだったらせいぜい美しい景色が見られるでしょ!

そんなイタリア人たちはテレビが大好きです。
日本でおなじみのクイズミリオネアも人気があるようです。
司会もみのもんたテイストの方がやっています。
テレビを見ながら笑ったり議論したり(一人でも大勢でも)、要するに参加する
のが好きなのですね。
その話題でそこまで盛り上がれるかー?というくらい盛り上がれます。
…ラテンなんですね目


walking4.jpg







posted by Miho at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

石けん

香りのいい石けんに出会うと、嬉しくなります。

sapone.jpg

先日何気なくスーパーで買った石けんですが、とてもいい香り♪
お風呂上がりもうっとりです。

フィレンツェで1937年創業の"MARIO FOSSI"という会社のものでした。
何を買うにしても地元のものを選んで買うようにしているので、こういう出会い
はいいものです。

日本ではフィレンツェの石けんや香水、ボディケア用品といえばサンタ・マリア・
ノヴェッラ薬局が有名ですが、ここは何せ・・・た、高いのです。
私は石けんしか使ったことがありませんが、個人的にはそれ程…以下省略。
お土産等にはちょうどいいのかもしれませんね?
東京にもお店があるようです。
サンタ・マリア・ノヴェッラ in Tokyo
日本では更に…お高いのでしょうね。

私はどちらかと言えば、MARIO FOSSI派です黒ハート






posted by Miho at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

バス内

ほぼ毎日乗るバスの中ではたまに面白いことがあります。
先日後方に乗車してすぐに香水の匂いを感知。
うう…(苦手なのです)と思いつつ、近くのおばあさまを疑いました。
あーおばあちゃん早く降りないかなぁ?

しばらくすると私が乗車した時にいた乗客は全員降車しました。

し、しかしまだ臭いもうやだ〜(悲しい顔)
おばあさま、疑ってごめんなさい。
どうやら座席(プラスチック)にしみ込んでいた?ようです。
バスの揺れもあり少々酔って来ました。
よし、前方へ移動!

前方は優先席なので、普段は乗らないのですが、仕方ない…気分が
悪いのだから…!

大分気分はましになりました。

そこへ大柄なグレーの髪の女性が大きなトランク(に見えた)を持って
乗車してきました。
一瞬席を譲ることが頭をよぎりましたが、その女性は見ると若そうなので
("元気なおばさんの外人観光客ね、大きなトランクで"と思った私)、そのまま
私は座っていました。
するとその女性、私の前の男性に座ってもいいかしら?と尋ねています。
男性は、"もちろんですよ〜気付かなくて失礼しました!"と快く笑顔で席を譲っています。

するとこのおばさん、"私はこう見えても83歳なのよ。周りが譲ってくれそうも
なかったからあなたに声かけちゃったわ"
(私 : えーっ、イタリア人?、しかもはちじゅうさん?聞き間違え?)
男性 : "そうですか〜気にしないで下さいよ(年のことは流しています)"
おばさん : "だってここは優先席でしょ、ここに書いてあるじゃない。
何だったら私の身分証明書見せるわよ〜(年にこだわっている、または若さ自慢!?)"
どうやら83歳とは思われないらしい。

い、いや…本当に!!!若いのですよ。
どう高く見積もっても65歳。
顔のしわは殆どなし、顔色もよくつやつやです。
赤い眼鏡がよくお似合いです。
グレーと茶の混ざったあごラインの髪もふさふさです。
…と、サングラスをかけていることをいいことにかなり観察してしまった私。
一瞬"何を食べていればそんなにお若いのですか〜?"という質問がのどまで
出ましたが、ここはイタリア人相手、話し始めたら延々と続きそうだったので
止めておきました。

以前70歳代でとても若くて美しい女性を見たことがありますが、80歳代では
初めて見ました。
人によって何故こんなにも年の取り方が違うのだろう、と不思議に思った出来事でした。

私も冷え取りを続けて若くあり続けよう♪とまた冷え取りの大切さを確信した
出来事でもありました。





walking2.jpg
たわわに実ったブドウたち♪
食べたい…でもどなたかのお庭のでした。







posted by Miho at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。